寝付きを良くするポイントは室温とリラックス

私は寝つきが良くなく10歳頃から寝付けない事に悩み始めました。そんな私が寝付けないなと感じる時、一番最初に意識するのが室温です。
寒すぎず暑すぎず心地よい室温にする事が寝つきを良くする第一歩だと感じる様になりました。当たり前の事の様ですがこれが意外と難しく、季節の変わり目などは布団に入っても自分が寒いと感じているのか暑いと感じているのかとても分かりにくく、何故か眠れないと思う日が続きました。そこでなんとなくパジャマを変えて見たり布団を足したり一つ減らしてみたりとしているうちに、自然と寝付いていました。
それでも、ちょっとした環境の変化や自分の精神状態によってその日の寝つきの良し悪しが左右されてしまうので、いくら快適な室温に保っても寝付きが悪い時は多々あります。
そんな時は、布団の中で一度全身にギュッと力を思いっきり入れて一気に力を抜いてリラックスする事を何度か繰り返しているうちに自然と眠くなってきます。
寝付きが悪い時は焦りの気持ちが一杯になりどんどん深みは待って行きます。そんな時に何もせずにじっとしていると余計に寝付けなくなるので、自分は快適でリラックスできているのかという事を意識してみると自然と寝付ける様になります。もっと詳しく>>>>>寝付きが悪い サプリ